下関市の子ども英語教室。英会話の楽しさを伝えたい!英語を通して国際的視野が広がる子どもに。

野口英語教室noguchi english school

HOME > 保護者の声 > 保護者の声2016年

野口英語教室〈保護者の声〉

2016年

A 様

 初めてのスピーチコンテスト!私は最初から最後まで感動しっぱなしで時間がたつのがあっという間でした。◯にとっても初めてのスピーチコンテストでしたが、親子で手探りの練習は意志疎通がうまくいかない時も多々ありました。
 本番は家での練習より緊張した感じでしたが、何とかやり遂げることができたようで親子共々安心しておりますし、◯の恥ずかしがりやで照れ屋な性格からしたら大勢の前でよく頑張ったと思っています。
 本人は入賞出来なかったことを何も思ってないかと思いましたが、悔しいから来年はもっと練習して優勝目指して頑張る!!と、言いました。その姿にとても成長を感じましたし、まだまだ私の努力も足りなかったと反省しました。
 しかし、このような悔しい気持ちにさせてもらえたのも野口英語教室のスピーチコンテストのお陰だと思ってます!悔しい気持ちはきっと◯を成長させてくれることでしょう。
 この貴重な経験を親子で体験できるご縁に感謝して、来年はもっともっと努力していきたいと思っております。
 最後になりましたがここまで立派なコンテストをつくられた野口先生、卒業スタッフの皆様には大変お疲れ様でした!そしてありがとうございました‼

B 様

 今日は本当にお疲れ様でした!
残念ながら、入賞できませんでしたが、悔しさはあまりなかったようです。
皆さん本当に上手で感心致しました。そのレベルの高さに本人も納得してしまったところがあるようです。それでも、この経験はとても◯にとっていい経験だったのではないでしょうか?努力しても報われないこともある。挫折を知ることも大事なことですよね。家に帰って、自分が何が劣っていたのか、本当に努力できたか、また来年のためにはどうするべきか家族で話合いました。
 今回入賞を逃したことで、来年の目標ができ、また努力することができると思います。
6年生のスピーチを聞いて、感動で涙が溢れました。
このように人を感動させることができるスピーチを◯もできるのか、わかりませんが、来年がとても楽しみです!
 卒業生の皆さん、いつもお手伝いありがとうございます。皆さんの働きは素晴らしく、いつみても清々しさを感じます。
 そして最後になりますが、野口先生、このような機会を与えてくださり、誠にありがとうございます。先生のご指導のお陰で、日々楽しく英語を学ぶことができてとても幸せです。

C 様

 本日は大変お疲れ様でした。毎年スピーチコンテストに参加している子ども達の姿を見ていると本当に小学生かなと思うくらい堂々とした発表、どの子もこれまでの頑張りが伝わってきて、とても素敵なスピーチでした。
 今年も入賞を逃し、帰りは泣きそうになるのを必死で堪えている我が子によく頑張ったよと声をかけました。あんなに緊張感溢れた会場でスピーチできるだけでもすごいよ、と親バカなくらい褒めました。
 なかなか入賞できず、辞めたいと言い出すかな~と思いましたが、来年こそは入賞するぞ!と前向きな発言にホッとしました。スピーチコンテストに参加するだけでもとても貴重でいい経験になると思います。来年はコンテストの後、笑顔で帰ってくる我が子が見れたらなと思います。
 長時間お疲れ様でした。これからも宜しくお願い致します。

D 様

(前略)そして、今日のコンテストに向けてのご指導に感謝致します。
 ○は人前で話すことが苦手で、三月に入ってから不安で涙することも多々ありました。
本人にとってはリラックスしてスピーチする、とまではいかなかった様ですが、舞台上で堂々とスピーチ出来て今までで一番自分を表現できていた○に感心しました。
 息子にとってはなによりの自信になり、次へのステップになったのではないかと思います。このことのみならず努力を重ねなければ結果は出ない、ということも学習したことでしょう。
 今日の体験を糧に何事にも挑戦していたってほしいです。野口英会話教室卒業生の全てのことに関してのレベルの高さも知ることができました。大変ありがとうございました。(後略)

E 様

(前略)また、素晴らしいコンテストの内容に感謝と共に熱く御礼申し上げます。
 今年のコンテストは3月にインフルエンザなど病気に悩まされまして、最後の1カ月、思うように練習ができないまま当日を迎えるという良いコンディションでは臨めませんでした。ですが、それまでの練習がしっかりと身についていたようで、リハも当日もとてもいい表情で精いっぱいのスピーチができたこと、親としてとても感動しました。その結果入賞することもでき、○にとってとても良い経験になったと思います。去年入賞できず悔しさを味わい、今年は去年の経験を活かし入賞できました。努力の成果が良い形で発揮できたことが 、この先娘をきっと良い方向へ導いてくれる思います。
 野口先生のご指導のおかげ様です。本当にありがとうございました。(後略)

F 様

(前略)初めての事で子どもも私達もとても緊張しました。
 先生のご指導のお陰で、毎日練習に励み素晴らしい賞を頂きありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。(後略)

G 様

(前略)野口先生の熱心な御指導と卒業生スタッフの方達の熱心な働きがあったからこそ、素晴らしいコンテストになったと思います。ありがとうございました。
 ○は最初の頃、英語の文章が覚えられないと泣きながら練習をしていましたが、野口先生の熱心な御指導によってこの日を迎える事が出来、堂々とスピーチをする事が出来ました。ありがとうございました。

H 様

(前略)毎年、野口先生の英語教室でスピーチコンテストに参加出来る事に感謝せずには居れません。保護者にも一年間の集大成を見る機会を与えて下さり本当にありがとうございます。
 どなたかのスピーチに「野口英語教室に通えなかった人にも、自分がいま勉強して野口英語教室で習った事を伝えていきたい!!」と発表されていましたが、英語だけでなく先生というお人柄も含めて世界に広めたい、と受け止めました。といいますのも、私、同性の親からみても、先生は内面から輝いています。それを子どもは肌で感じています。そんな格好良くて大好きな先生の事を皆に知ってほしいという気持ちはどの子も同じなのですね。(中略)
 玄関前で冷たい風が吹く中ひとりひとりの児童と保護者に挨拶をしてくれた女性スタッフさん♪ありがとうございました。

I 様

(前略)去年入賞したことで自信がつき、また入賞するぞという気持ちで、去年以上に練習に力が入っていたように思います。
 結果は残念ながら入賞はできませんが、私は親バカかもしれませんが、○はすごくいいスピーチができたと思います。本人は目に涙をためていましたが、結果はどうあれ、私は今まで一生懸命頑張ってきたことを誉めてあげました。その悔しさを忘れずに、来年はもっともっと頑張ってもらいたいと思いますので、またご指導よろしくお願いします。
 卒業生スタッフの皆様もありがとうございました。6年生の卒業スピーチや最後に卒業スタッフの皆さんが残してくださった素敵なメッセージはきっと子供たちの励みになると思います。

J 様

 今年も素晴らしいスピーチを、ありがとうございました。
 週二回 レッスンをして頂き、レッスンで頂く 今週のポイントを励みに注意しながら、毎日楽しくスピーチの練習を続けることができました。コンテストの前にも、今週のポイントをすべてクリアできているか、最終確認しておりました。スピーチでは、今までの練習の成果が充分に発揮することができ、成長に感動しました。諦めていましたが、三年ぶりに入賞することができ、努力が実り、家族も安堵し喜びました。本人も日々の積み重ねの大切さを実感したようです。
 これも先生の熱心なご指導のおかげだと感謝しております。一人ひとりに対しての丁寧なご指導、ありがとうございました。

K 様

(前略)3ヶ月に渡る 先生の優しく熱心なご指導を賜り、また準備設営では先生をはじめ卒業生スタッフに支えていただきましたおかげで ○が入賞させていただきましたこと感謝の気持ちでいっぱいです。心より お礼申し上げます。
  気がつけば スピーチコンテストを拝見させていただいて、かれこれ12年の年月があっという間に流れました。毎年 年を重ねる事に 新たな発見や気付きがあり 野口先生の教育理念の奥の深さを感じて感動しています。
  初めてコンテストを拝見したのは、上の○が野口英語教室に入る前にコンテストを見学させていただいた時でした。その時 うちの子にこんなスピーチが人前でしかも英語でできるようになれるのか でもできるようになればどんなに素晴らしいだろうと不安と期待いっぱいで拝見させていただいたことを記憶しています。
  そして初めてのスピーチは親子で大変緊張したものでした。しかし 先生のご指導を賜り 立派にスピーチを成し遂げる◯に圧巻し喜ぶと同時に 上級生のように来年はあんな難易度の高いスピーチができるようになれるものだろうかと不安と期待で拝見したものでした。一方下の○は5才離れていて 上の子で経験済みなのでどんと余裕を持って取り組むことができました。スピーチコンテストを通して英語力スキルアップは元より、親子共にいろんなことを学んで参りました。
 
・毎日コツコツと努力することの大切さ
・夢 目標を持って 最後まであきらめなければ それは必ず達成できる。またもし叶わなくても 努力したことは決して無駄にはならないということ
・家族の大切さ
・自己肯定感の大切さ
・差別のない社会の大切さ
・自発的 社会貢献の大切さ
  このように生きていく上で 大切なことを親子共に学び それを胸に刻んで 成長して参りました。野口英語教室で学べるのもあと1年となりました。ほんとに寂しい気持ちでいっぱいです。(中略)
 そして 英語の教師を目指しています○もできる限り先生のお手伝いを通して学校で学べないことを学ばせたいと思います。

L 様

 スピーチコンテスト、去年初めて体験しましたが、一年経つとみんなこんなにも上達するのかと感心しました。先生のアドバイスを一生懸命確認しながら練習した時間が結果につながって本当に嬉しかったです。また一年間頑張ろうと新たに決意することができました。本当に英語が楽しいようです。ご指導ありがとうございます。

M 様

(前略)初めて参加させてもらったスピーチコンテスト、子供たちが皆さんすごく上手で見応えがありました。今年もコンテストを開催してくださってありがとうございました。
 我が子があの舞台に立ってスピーチできた事はすごくいい経験をさせてもらったと感謝の気持ちいっぱいです。
 練習も、(本当のところ言わせていただくと)親子の闘いの様なものでした。
笑顔が課題といつも指導されていたので、練習で嫌々させると絶対笑顔にならなくて練習する程我が子の笑顔が無くなってしまっていました。コンテスト本番で、(^_^)それが完全に克服されてはいないと思います。けれど、今終わった後には頑張った自信がついていい笑顔を見せてくれました。私には何よりホッとする笑顔でした。
 英語を学びたい気持ちも前より高まっている様です。2年生のスピーチを来年はどんな風にしたら良いのか考えたりして…何だか英語への意欲が溢れだしています(笑)
また親子共々4月からよろしくお願い致します。

N 様

 野口先生、素晴らしいスピーチコンテストありがとうございました。今回初めてのスピーチコンテストで親子共々不安で一杯でしたが、授業参観で教えて頂いた要点を毎日一生懸命練習しました。恥ずかしがり屋で人前で話をするのが苦手な子供がみんなの前で大きな声で発表できるのかとても不安でした。
 そんな子供がリハーサル、スピーチコンテスト本番で大勢の人の前で立派にスピーチする姿を見て本当に感動しました。ここまで堂々とスピーチ出来るようになったのも野口先生の丁寧な御指導のおかげだと大変感謝致しました。
 毎日継続して努力する事の大切さをこのスピーチコンテストを通して学ぶことが出来き、この経験は本人の自信にも繋がったと思っております。
 卒業生スタッフのみなさまの働きも素晴らしく本当に頭が下がります。ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

O 様

(前略)去年は入賞出来なかったので、今年こそはとの気持ちで毎日練習を頑張っていました。親バカながら、去年もかなり頑張っていたと思うのですが、それでも何かが足りなかったのだということで、去年以上に厳しく練習にあたりました。何度も何度も同じ単語を繰り返し、同じ文章を繰り返し、全部の文章を繰り返し、泣こうが喚こうが笑顔で大きな声を出す様に言い続けました。
 楽しんでやらせるように教えるべきだったのかもしれませんが、私の力不足で、子供にとって本当に苦しい練習の3ヶ月間だったと思います。けれど、その努力がやっと報われたときの◯の嬉しそうな顔!表彰で名前を呼ばれた時の顔は言い表すことが出来ないほど輝いていました。◯が生まれて初めて自分の力でもらった賞です。幼稚園でも学校でも、これほど練習を積み重ね、努力して、それが実ってもらった賞はありませんでした。今回のスピーチコンテストで、努力して力をつけ、そして自分の持てる力を本番で出し切ることが出来たから結果がついてきた、という経験を初めて出来た様です。
 最後の6年生のスピーチを、涙しながら拝見しましたが、皆さん6年生とは思えないほどしっかりした意見を持っていらっしゃるなぁと毎年思います。それは、1年生からずっと、代々の6年生のスピーチを、最初はよく解らなくても毎年聞いて肌で感じて、成長して行っての卒業スピーチだからなのでしょうね。
 卒業生スタッフの方々のメッセージでも、皆さん一人一人が野口英語教室で学んだことを誇りに思っていることが伝わってきました。そしてこのコンテストのために一生懸命動いてくださっていて、頭が下がる思いでした。ありがとうございました。
 最後に、このような素晴らしい機会を設けてくださった野口先生、ありがとうございました。英語教育だけに留まらず、学校だけでは教えてもらえない大切なものを教えて頂けて、本当に幸せに思っています。(後略)

P 様

(前略)内気で人前に立つ事が苦手な娘が、ステージに立って発表する姿を見て、野口英会話教室に通えて良かった…と心から思いました。入賞はできませんでしたが、本人は『来年はとりたい!!』と言ってくれました。他の子供達の発表と卒業生の話しも聞けて大変良かったです。6年生まで続けて通えるように、親子共々がんばっていきたいと強く思いました。最後にこのような素晴らしい場を設けて下さりありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Q 様

(前略)思いがけない入賞で、◯はとても喜んでいました。皆が上手で自信がなかったそうです。入賞が自信になったようで、来年も入賞目指して頑張ると話しています。どのお子さんも上手で、特に上の学年の子達のスピーチに親子で感動しました。来年もよろしくお願いいたします。

R 様

(前略)一年生の皆さんが若干7歳にして、舞台の上に一人で立って堂々と発表する事ができるという事に本当に感心しました。野口先生の熱心なご指導に大変感謝しております。ありがとうございます。◯にとってもすごく良い経験になったと思います。週2回のレッスンと宿題を続ける事は簡単ではなく、体調が優れない日や疲れて帰って来た日には見ていて可哀相になる日もありました。でも『やらされる』という想いで練習をしているのではなく『やる!』という気持ちで練習しているのが伝わってきて、本当に感心しました。親としても子どもの成長や強さを感じる事ができ、本当に嬉しく思っております。ありがとうございました。
 ただひとつ残念だったのが、審査員の先生が遅刻された事です。こちらはすごく真剣に取り組んでいただけに残念でした。評価の仕方が途中から変わるという事にも疑問を感じざるを得ませんでした。今後はこの様なことが無い事を願っております。
 長期間、長時間に渡たり大変お世話になりました。卒業生スタッフの皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです。(後略)